槇原敬之 vs 松本零士
音楽の流れるサイトがものすごく嫌です。
BGM程度なら良いのですが、大抵そういうところに限って大音量だったりするのでビビるよ。
初期設定をサウンドOFFにしておいてくれればいいのに。


例、B'z公式サイト。

本当に勘弁してください。( ノД`)


サイト開いた瞬間にサウンドオフボタンを押せるようにいつも身構えてます。
何でこんなに緊張感を味わわなきゃならないんだ。

こんにちは。

槇原敬之氏と松本零士氏の間で繰り広げられているパクったパクってない問題ですが、
たまたま似てしまったのか、
槇原氏の記憶のどこかしらに残っていたものが無意識のうちに出てしまったのか、
あるいは故意に引用、ようするに盗用したのか、
それは現段階では槇原氏本人しか分からないことです。
ただ、これだけ多岐のジャンルにわたって古今東西の膨大な作品が氾濫しているなら、
何かしらと何かしらのフレーズがかぶることもあるだろうと思います。
一般的な話ですけれど。

それはさておき、私がこの件で一番言いたいのはこんなことではありません。
松本零士氏が主張するのは、彼の代表作である 『銀河鉄道999』 の

時間は夢を裏切らない、夢も時間を裏切ってはならない

という台詞が、
槇原氏が作詞作曲してケミストリーに提供した 『約束の場所』 という曲の

夢は時間を裏切らない 時間も夢を決して裏切らない

というフレーズに盗用されたのだということなのですが。


大したフレーズでもないじゃんか。


パクったなんて大騒ぎしているからさぞや素晴らしい言葉なのだろうと思いきや、
そうでもない。
もちろん、だからパクって良いという理屈ではありませんけれども、
でも、社会的名誉も地位もある松本零士氏ほどの人が、喚くようなことではなかったのでは。
ここは器の大きさを見せて「まぁ、似ることもあるわな」と一蹴してほしかった。

というわけで、今後もこの茶番劇から目が離せませんね!
今思うと、RIKKIの 『素敵だね』 と大塚愛 『プラネタリウム』 は色々な意味で凄かったと思います。

関連記事リスト
2006年10月20日 | 雑記 | Comments(8)
  この記事に対するコメント
こんばんは☆
私が思うに、松本零士先生は槇原敬之が生理的に大嫌いなんじゃないかなと思う。
それは気取られてはいけないので、芸術っぽい理由を言っているだけのような気がする。
ものすごく個人的な意見ですが☆

2006/10/20 23:07 | tomoe | URL | 編集

こんにちは、履歴から来ました。
B’zのサイトってそんなにすごいのですか?
今日、一回聞いてみようかなぁ( ノД`)

2006/10/21 09:31 | あおい | URL | 編集

ご訪問ありがとうございます。

確かに大した文章でもないですよね。これで盗用というのもどうかと・・・。
松本零士は好きなんですけど、今回の騒動はチョッとね・・。

2006/10/21 11:12 | ゆずぴよ | URL | 編集

はじめまして、履歴から着ました。わたしのブログ、見ていただいてありがとう。
それで、一言、漫画家の松本さんの言われることは、もっともと思うのですよ。
小説家と違って、漫画家の文章は短いのです。その短い文章に、思いの全てをこめて
見る人にアピールしなくてはならない。だから、苦労して作ったフレーズは大切に思うのです。わたしは漫画屋ではないが、わたしも、下手ではあるが、ブログの文章は大事にします。今一行にわたしという言葉、二回使いました。変かもしれないが、意識して使っています。それは、どんなことをしても、わたしの考えを見た人に伝えたいからです。作文とはそういうものだと、わたしは思います。また、遊びにきてください。

2006/10/21 11:26 | 鈴木ケイ | URL | 編集

> tomoeさん

そういうのはあるかもしれませんね。
でも、生理的に嫌いだからって、
これ幸いにと攻撃するのは一層大人気ないですが。

2006/10/21 21:04 | でしまる | URL | 編集

> あおいさん

PCの音量を下げてからお試しください。
最初訪れた時、びっくりしてあたふたとイヤフォン探した記憶がありますので、
お気をつけくださいまし。

2006/10/21 21:05 | でしまる | URL | 編集

> ゆずぴよさん

ちょっと強引すぎると思いますね。
マスコミもいちいち取り上げる必要ないでしょうに。
こんなの。

2006/10/21 21:06 | でしまる | URL | 編集

> 鈴木ケイさん

貴重な反対ご意見ありがとうございます。

苦労して作ったフレーズは大切、という意見はそのとおりだと思います。
それは言葉を扱う人の誰もが思うことだと思います。
私もこのブログの記事はやっぱり大事ですから。

ただ、自分の文章に固執するのと大事にするのは違うんじゃないかと。
自分の書いたものに責任を持つことが"大事にする"ということで、
自分の書いたものに縛られすぎるのが"固執する"ということ。
今回の松本零士氏は大事にするというより、固執しているという印象を受けます。

確かに自分の書いたものは貴重ですが、
たとえそれと似たものを人が書いたからといって
自分の書いたものの価値が下がるというわけでもありません。
ましてや『銀河鉄道999』のような確固たる評価をもつ作品なら余計に。

松本零士氏はこういうトラブルが初めてじゃないようですから、
いい加減に落ち着いて欲しいんですけどね。

2006/10/21 21:18 | でしまる | URL | 編集

  この記事に対するコメントの投稿













雑記 (195)
アニメ (17)
映画 (72)
音楽 (148)
ギター (5)
グルメ (67)
酒 (53)
コンピュータ (141)
テレビ (129)
ニュース (75)
本 (127)
漫画 (352)
旅行 (24)
ゲーム - 一般 (94)
ゲーム - パズドラ (877)
終了ゲーム - AQUANAUT'S HOLIDAY (3)
終了ゲーム - DQ1スマホ版 (3)
終了ゲーム - FF10 HD (16)
終了ゲーム - FF13-2 (15)
終了ゲーム - FF13 LR (14)
終了ゲーム - FFRK (30)
終了ゲーム - GRAVITY DAZE (15)
終了ゲーム - MHP2G (20)
終了ゲーム - MHP3 (138)
終了ゲーム - MH3G (10)
終了ゲーム - MH4 (8)
終了ゲーム - PS3版Skyrim (42)
終了ゲーム - アマガミ (8)
終了ゲーム - ジョジョの奇妙な冒険ASB (5)
終了ゲーム - セブンズストーリー (50)
終了ゲーム - ソウル・サクリファイス (14)
終了ゲーム - ソルサク デルタ (4)
終了ゲーム - ダークソウル (78)
終了ゲーム - ダークソウル2 (10)
終了ゲーム - デモンズソウル (48)
終了ゲーム - テラバトル (8)
終了ゲーム - 討鬼伝 (44)
終了ゲーム - 特殊報道部 (2)
終了ゲーム - ドラゴンズドグマ (42)
終了ゲーム - パズドラクロス 龍の章 (8)
終了ゲーム - フォトカノ (10)
終了ゲーム - ペルソナ4 ザ・ゴールデン (26)
終了ゲーム - ポケ森 (2)
終了ゲーム - モンスト (54)
終了ゲーム - よるのないくに (9)
未分類 (0)
2018年08月 (12)
2018年07月 (29)
2018年06月 (26)
2018年05月 (26)
2018年04月 (26)
2018年03月 (30)
2018年02月 (26)
2018年01月 (29)
2017年12月 (26)
2017年11月 (25)
2017年10月 (26)
2017年09月 (26)
2017年08月 (27)
2017年07月 (30)
2017年06月 (25)
2017年05月 (26)
2017年04月 (26)
2017年03月 (29)
2017年02月 (24)
2017年01月 (31)
2016年12月 (28)
2016年11月 (29)
2016年10月 (30)
2016年09月 (30)
2016年08月 (29)
2016年07月 (27)
2016年06月 (29)
2016年05月 (31)
2016年04月 (28)
2016年03月 (27)
2016年02月 (25)
2016年01月 (30)
2015年12月 (29)
2015年11月 (27)
2015年10月 (31)
2015年09月 (29)
2015年08月 (28)
2015年07月 (27)
2015年06月 (26)
2015年05月 (29)
2015年04月 (29)
2015年03月 (30)
2015年02月 (25)
2015年01月 (29)
2014年12月 (30)
2014年11月 (28)
2014年10月 (30)
2014年09月 (30)
2014年08月 (30)
2014年07月 (31)
2014年06月 (27)
2014年05月 (28)
2014年04月 (28)
2014年03月 (31)
2014年02月 (25)
2014年01月 (30)
2013年12月 (29)
2013年11月 (28)
2013年10月 (30)
2013年09月 (30)
2013年08月 (27)
2013年07月 (28)
2013年06月 (29)
2013年05月 (30)
2013年04月 (26)
2013年03月 (26)
2013年02月 (19)
2013年01月 (20)
2012年12月 (31)
2012年11月 (20)
2012年10月 (21)
2012年09月 (18)
2012年08月 (16)
2012年07月 (17)
2012年06月 (19)
2012年05月 (22)
2012年04月 (19)
2012年03月 (21)
2012年02月 (22)
2012年01月 (26)
2011年12月 (25)
2011年11月 (25)
2011年10月 (26)
2011年09月 (17)
2011年08月 (15)
2011年07月 (14)
2011年06月 (13)
2011年05月 (20)
2011年04月 (17)
2011年03月 (13)
2011年02月 (23)
2011年01月 (27)
2010年12月 (20)
2010年11月 (13)
2010年10月 (14)
2010年09月 (7)
2010年08月 (9)
2010年07月 (11)
2010年06月 (7)
2010年05月 (9)
2010年04月 (11)
2010年03月 (11)
2010年02月 (12)
2010年01月 (11)
2009年12月 (10)
2009年11月 (10)
2009年10月 (14)
2009年09月 (14)
2009年08月 (10)
2009年07月 (12)
2009年06月 (11)
2009年05月 (8)
2009年04月 (3)
2009年03月 (4)
2009年02月 (5)
2009年01月 (4)
2008年12月 (10)
2008年11月 (3)
2008年10月 (4)
2008年09月 (11)
2008年08月 (6)
2008年07月 (3)
2008年06月 (9)
2008年05月 (25)
2008年04月 (24)
2008年03月 (18)
2008年02月 (16)
2008年01月 (6)
2007年12月 (2)
2007年11月 (1)
2007年10月 (1)
2007年09月 (1)
2007年08月 (1)
2007年07月 (1)
2007年06月 (1)
2007年05月 (31)
2007年04月 (30)
2007年03月 (31)
2007年02月 (28)
2007年01月 (31)
2006年12月 (31)
2006年11月 (30)
2006年10月 (31)
2006年09月 (30)
2006年08月 (31)
2006年07月 (31)
2006年06月 (30)
でしまる:VIVA LA ROCK 2018 (05/11)
ヴィル:VIVA LA ROCK 2018 (05/10)
でしまる:VIVA LA ROCK 2017 (05/08)
ヴィル:VIVA LA ROCK 2017 (05/07)
でしまる:ひとりぼっちの○○生活 第3巻 (02/04)
名無し:ひとりぼっちの○○生活 第3巻 (02/04)
でしまる:刃牙道 第11巻〜第14巻 (01/04)