人間消失 トリビュレーション・フォース
内容もよく分からないまま、タイトルだけでレンタルしてきた映画。
その名も 『人間消失 トリビュレーション・フォース』 です。

ストーリーを簡潔に説明すると、
神を信じていない悪い奴は許せないよという信仰の篤いキリスト教徒の物語。
これだけ読むとものすごく胡散臭い話のように思えますが、
実際は輪をかけて胡散臭いです。

この 『人間消失』 という映画は全3部作で、今作はその第2弾らしい。
そのため、前作を知らない人にとっては初っ端から半ば置いていかれ気味
しかしながら、安心してください。
全編通して置き去りにされっぱなしですから。

前作で世界中から子供たちが消失してしまったらしく、残った人々は哀しみに暮れています。
そんな中、新たな指導者として1人の男が立ち上がりました。
彼は戸惑う人々の心をまとめるべく、国や人種の垣根を取っ払うことを狙う。
また、歴史的に見ても人間が対立する最大の理由は宗教であるとのことから宗教を1つにまとめ、
世界統一宗教なるものを創り上げようと宣言。

前作で人を殺しているようですし、
自分が世界のトップに立とうとする黒い野望はあるものの、
言っていること自体は至極まとも。

しかし、そんな彼を反キリスト者として悪の権化のように捉える者たちが、この映画の主役です。
反キリストへの戦い、大艱難に抗する戦士、その名もトリビュレーション・フォース!
自分で説明していて改めてイタいなと思いました。
そんなイタい戦士の1人。




これはいい大泉洋ですね。


全部で4人という完全なマイノリティであるトリビュレーション・フォースたちは
世界統一宗教を打ち出す反キリスト者に戦いを挑みます。
何かにつけて神を信じようキリストを信じようという言葉を口にするので、
その度にキリストに対する信仰心のない私は、背筋にぞわっとしたものが走ります。
俗に言う悪寒というやつでしょうか。

その後、神とキリストの偉大さを全世界に知らしめるべく、2人の預言者に会いにいきます。
宗教を統一するためにそれを阻止しようとする反キリスト者の勢力。
反キリスト者たちの銃弾が預言者に向けられます。



が、神の御加護という便利なもののおかげで全く弾は当たりません。
挙句の果てに、この預言者たちは火を吹いて反撃する始末。



これも神の御加護ってやつのたまものですね。
もうあんたらが神様でいいよ。
何だこの展開。
神を信じれば何でも可能だという考え方が何とも狂信者臭いですが、それはこの際目をつぶりましょう。

こうして神の威光を目の当たりにし、
信じられるのは世界統一宗教を打ち出す反キリスト者ではなく、
神の使者キリストだという結論に達します。
ものすごくキリスト教に都合の良い結論ですね。

キリストへの信仰心のない人にとってはとても面白いバカ映画でした。
1作目と3作目も見たくなってきた。

私はどうも
良い奴は救われて悪い奴は救われないというキリスト教の主義が好きではありません。
勘違いしないでください。
別にこの考え方自体に異論はないのですよ。
ただ、こういう考えって完全に人間的な視点からくるものですよね。
神がこういうものであるというキリスト教の考え方に納得がいかないのです。
人間が及びもつかない神という存在が人間レベルの尺度で物事を判断するって、
思いっきり矛盾してませんかね。

神が本当に全知全能なら、どんな奴でも救うような気がするのですが。
あるいは逆に誰も救わないか。
救う者と救わない者を区別している時点で平等という概念が揺らいでいるわけですから、
そんな人間臭い神様に救いを求めるのは意味ないんじゃないかなと思うのです。

関連記事リスト
2007年02月17日 | 映画 | Comments(22)
  この記事に対するコメント
火が出てますが、アルコールを大量に摂取したあとにゲップして、ライターでも近づけたのでしょうか。何も無いのに火が出るのならば、神様でいいと思います。

2007/02/17 18:01 | 天 | URL | 編集

初めまして。
激しく胡散臭い映画に激しいツッコミの記事で爆笑してしまいました(^^)
確かに銃弾を止め、火を吐くのは既に人間ではない。
フォースじゃなくてもただ一人でも勝てると思いますね。
あまりに面白かったので、お邪魔かと思いますがまた訪問させて頂きますv
失礼致しました。

2007/02/17 20:56 | 無花果13% | URL | 編集

頼りすがるものがないと人間は不安で押しつぶされてしまう弱い生物ですからね。
宗教は人がある限り必要なものなのでしょうね。
しかし宗教と権力が結びついてしまうと「教え」ではなくて「命令」になっちゃいますね…。

2007/02/17 22:33 | (´・ω・`)知らんがな | URL | 編集

大泉洋。。。v-218
「どうでしょう」は、最高に面白いですよ(*^_^*)


2007/02/17 23:06 | とっちゃん | URL | 編集

履歴からすっ飛んで来ました。
そんな映画あったんですね(;゚ロ゚)
思わずパソコンの前で笑ってしまいましたよw
これからちょくちょく訪れさせていただきます(ノ∀`)

2007/02/18 10:26 | 澪 | URL | 編集

はじめまして。

いい大泉洋
確かに。。。




2007/02/18 13:14 | 梨恩 | URL | 編集

はじめまして。履歴から来ました。
何度か訪問くださって、ありがとうございます。
これからは応援がてら寄らせていただきますね。
大泉洋、、、つぼにハマりました!!座布団一枚。…っと、失礼。。。

2007/02/18 13:50 | うららーく | URL | 編集

初めまして!
たびたび訪問あざす^^

いいアゴですね ワラ

んぢゃ。

2007/02/18 18:31 | 玉葱だーよw | URL | 編集

はじめましてこんばんは
みたみた・・・みました・・・先週DVD借りて見ました
DVDの裏の説明に騙されました
まるで聖書の宣伝のようなやつでした
そっかぁ~~ 大泉洋・・・そんなふうに見れば楽しかったかも・・(^^ゞ
でも キリスト教と出ないあたしが見てもおもしろくもないなぁ「神様に祈りましょう」とばかり言っているのにはちょつとへきえきしましたよ
・・・って真面目な感想???

2007/02/18 19:36 | さっちゃん | URL | 編集

履歴からとんできました。

面白い映画解説ですね。いやー、ツボです。
しょっぱなからニヤニヤしていまいました(笑)
そしていい大泉洋は吹き出しました。いや、はい、まじで。

あーそういわれてみると確かに矛盾していますねえ。
所詮、神という生物は人間の作り出したものにすぎないですからね。
まあ信じれば心が救われるという人もいますから。

気になるのでこれからもちょくちょくお邪魔させていただきます。
駄文失礼致しました。

2007/02/18 19:50 | 萩原 | URL | 編集

> 天さん

何もないのに火を吹きました。
もう神様決定ですね。

2007/02/19 21:55 | でしまる | URL | 編集

> 無花果13%さん

こういうバカ映画はツッこみ甲斐があります。
また遊びにいらしてください。

2007/02/19 21:55 | でしまる | URL | 編集

> (´・ω・`)知らんがなさん

できることなら、頼れる宗教よりも頼れる身近な人が欲しいところ。
その方がたぶん幸せなんだろうなと思います。

2007/02/19 21:58 | でしまる | URL | 編集

> とっちゃんさん

どうでしょうって面白いらしいですね。
生憎まだ見ていませんが、機会があれば是非見たいところ。

2007/02/19 21:59 | でしまる | URL | 編集

> 澪さん

アメリカではヒットしたらしいですが、
日本ではマイナーな部類の映画ですからねぇ。

2007/02/19 22:00 | でしまる | URL | 編集

> 梨恩さん

私の中では彼はずっと大泉洋でした。

2007/02/19 22:01 | でしまる | URL | 編集

> うららーくさん

楽しんでいただいたようで嬉しいです。
今後ともご贔屓に。

2007/02/19 22:05 | でしまる | URL | 編集

> 玉葱だーよwさん

顎がちょっぴりお尻みたいになっていますね。
これは良いお尻だ。

2007/02/19 22:06 | でしまる | URL | 編集

> さっちゃんさん

つまらないものを楽しむ秘訣。
何故つまらないのかを考えてそれをネタにするのです。
話のネタでもブログのネタでもいいですね。

2007/02/19 22:07 | でしまる | URL | 編集

> 萩原さん

信じて救われるのはすばらしいですが、
信じすぎてしまうのは逆効果。
結局肝心なのは自分自身という意識がないとダメになるんでしょうね。

2007/02/19 22:09 | でしまる | URL | 編集

あー!
あれは三部作の二作目だったのですね~
借りて観たけれどストーリーに置いてかれたので、
カルパチアで検索してこちらへたどり着きました~
日本人に優しい解説を読ませていただきすっきり納得です。ありがとうございました。

2007/03/08 05:00 | リフト | URL | 編集

> リフトさん

1作目と3作目もいつか取り上げたいと思っていますので、
もし興味があればまた覗いてみてください。

2007/03/08 21:20 | でしまる | URL | 編集

  この記事に対するコメントの投稿












雑記 (195)
アニメ (17)
映画 (72)
音楽 (148)
ギター (5)
グルメ (67)
酒 (53)
コンピュータ (141)
テレビ (129)
ニュース (75)
本 (127)
漫画 (352)
旅行 (24)
ゲーム - 一般 (94)
ゲーム - パズドラ (877)
終了ゲーム - AQUANAUT'S HOLIDAY (3)
終了ゲーム - DQ1スマホ版 (3)
終了ゲーム - FF10 HD (16)
終了ゲーム - FF13-2 (15)
終了ゲーム - FF13 LR (14)
終了ゲーム - FFRK (30)
終了ゲーム - GRAVITY DAZE (15)
終了ゲーム - MHP2G (20)
終了ゲーム - MHP3 (138)
終了ゲーム - MH3G (10)
終了ゲーム - MH4 (8)
終了ゲーム - PS3版Skyrim (42)
終了ゲーム - アマガミ (8)
終了ゲーム - ジョジョの奇妙な冒険ASB (5)
終了ゲーム - セブンズストーリー (50)
終了ゲーム - ソウル・サクリファイス (14)
終了ゲーム - ソルサク デルタ (4)
終了ゲーム - ダークソウル (78)
終了ゲーム - ダークソウル2 (10)
終了ゲーム - デモンズソウル (48)
終了ゲーム - テラバトル (8)
終了ゲーム - 討鬼伝 (44)
終了ゲーム - 特殊報道部 (2)
終了ゲーム - ドラゴンズドグマ (42)
終了ゲーム - パズドラクロス 龍の章 (8)
終了ゲーム - フォトカノ (10)
終了ゲーム - ペルソナ4 ザ・ゴールデン (26)
終了ゲーム - ポケ森 (2)
終了ゲーム - モンスト (54)
終了ゲーム - よるのないくに (9)
未分類 (0)
2018年08月 (12)
2018年07月 (29)
2018年06月 (26)
2018年05月 (26)
2018年04月 (26)
2018年03月 (30)
2018年02月 (26)
2018年01月 (29)
2017年12月 (26)
2017年11月 (25)
2017年10月 (26)
2017年09月 (26)
2017年08月 (27)
2017年07月 (30)
2017年06月 (25)
2017年05月 (26)
2017年04月 (26)
2017年03月 (29)
2017年02月 (24)
2017年01月 (31)
2016年12月 (28)
2016年11月 (29)
2016年10月 (30)
2016年09月 (30)
2016年08月 (29)
2016年07月 (27)
2016年06月 (29)
2016年05月 (31)
2016年04月 (28)
2016年03月 (27)
2016年02月 (25)
2016年01月 (30)
2015年12月 (29)
2015年11月 (27)
2015年10月 (31)
2015年09月 (29)
2015年08月 (28)
2015年07月 (27)
2015年06月 (26)
2015年05月 (29)
2015年04月 (29)
2015年03月 (30)
2015年02月 (25)
2015年01月 (29)
2014年12月 (30)
2014年11月 (28)
2014年10月 (30)
2014年09月 (30)
2014年08月 (30)
2014年07月 (31)
2014年06月 (27)
2014年05月 (28)
2014年04月 (28)
2014年03月 (31)
2014年02月 (25)
2014年01月 (30)
2013年12月 (29)
2013年11月 (28)
2013年10月 (30)
2013年09月 (30)
2013年08月 (27)
2013年07月 (28)
2013年06月 (29)
2013年05月 (30)
2013年04月 (26)
2013年03月 (26)
2013年02月 (19)
2013年01月 (20)
2012年12月 (31)
2012年11月 (20)
2012年10月 (21)
2012年09月 (18)
2012年08月 (16)
2012年07月 (17)
2012年06月 (19)
2012年05月 (22)
2012年04月 (19)
2012年03月 (21)
2012年02月 (22)
2012年01月 (26)
2011年12月 (25)
2011年11月 (25)
2011年10月 (26)
2011年09月 (17)
2011年08月 (15)
2011年07月 (14)
2011年06月 (13)
2011年05月 (20)
2011年04月 (17)
2011年03月 (13)
2011年02月 (23)
2011年01月 (27)
2010年12月 (20)
2010年11月 (13)
2010年10月 (14)
2010年09月 (7)
2010年08月 (9)
2010年07月 (11)
2010年06月 (7)
2010年05月 (9)
2010年04月 (11)
2010年03月 (11)
2010年02月 (12)
2010年01月 (11)
2009年12月 (10)
2009年11月 (10)
2009年10月 (14)
2009年09月 (14)
2009年08月 (10)
2009年07月 (12)
2009年06月 (11)
2009年05月 (8)
2009年04月 (3)
2009年03月 (4)
2009年02月 (5)
2009年01月 (4)
2008年12月 (10)
2008年11月 (3)
2008年10月 (4)
2008年09月 (11)
2008年08月 (6)
2008年07月 (3)
2008年06月 (9)
2008年05月 (25)
2008年04月 (24)
2008年03月 (18)
2008年02月 (16)
2008年01月 (6)
2007年12月 (2)
2007年11月 (1)
2007年10月 (1)
2007年09月 (1)
2007年08月 (1)
2007年07月 (1)
2007年06月 (1)
2007年05月 (31)
2007年04月 (30)
2007年03月 (31)
2007年02月 (28)
2007年01月 (31)
2006年12月 (31)
2006年11月 (30)
2006年10月 (31)
2006年09月 (30)
2006年08月 (31)
2006年07月 (31)
2006年06月 (30)
でしまる:VIVA LA ROCK 2018 (05/11)
ヴィル:VIVA LA ROCK 2018 (05/10)
でしまる:VIVA LA ROCK 2017 (05/08)
ヴィル:VIVA LA ROCK 2017 (05/07)
でしまる:ひとりぼっちの○○生活 第3巻 (02/04)
名無し:ひとりぼっちの○○生活 第3巻 (02/04)
でしまる:刃牙道 第11巻〜第14巻 (01/04)