倖田來未の 『羊水腐っちゃう』 発言
毒入り餃子に続いて世間を賑わせている倖田來未の 『羊水腐っちゃう』 発言について。

彼女は昨日フジテレビのニュース番組で謝罪したそうですが、
それでもなお厳しい声があるとのこと。

まず、私個人は倖田來未を好きでも嫌いでもありません。
特別好きになる理由もなければ、特別嫌いになる理由もありません。
それは今も変わらず。
そんな私が中立的な感想を述べさせていただくならば
もう謝ったんだから許してあげても良いんじゃないでしょうかというところ。

そもそも私の周りなどではそんなに問題視することかなと首を傾げている人も少なくありません。
男も女も。
問題視して良いとは思いますが、
私も確かに外野が少々騒ぎすぎではという気がしています。

実際に35歳以上で出産した母親やその子供にしてみれば心中穏やかではないでしょうし、
そういう人たちが文句を言うのは当然のことです。
倖田來未嬢の発言が不適切で攻撃的だったことも否定はしません。
が、彼女は別に
高齢出産の人たちを貶めるつもりで喋ったことではないだろうと思うのです。

そのつもりがなくても口にしたら同じことだと申される方もおそらくいらっしゃるはず。
確かにそのとおり。
でも、失言だったのなら、謝ったら許してあげようよと思ってしまう。

本当に反省しているかどうかは分からないだろうというご意見もあることでしょう。
でも、涙を流して謝罪を自分の口で述べて反省しているように見えても、
それでも許しませんというのは、正直よく分かりません。
問題発言に合致する35歳以上で出産経験のある方の関係者が、けしからんというのは良いのです。
謝っても反省してもおまえなんか許さんと言うのは、分かる。
無関係な人が便乗して攻め立てているのが気持ちが悪いと申し上げているのです。

喧嘩をしている当事者(倖田嬢と問題発言の該当者)が揉めているところに、
第3者が、それは良くないぞと介入してくる。
喧嘩を吹っかけた方が涙を流してごめんなさいと訴える。
一方的に喧嘩を吹っかけられた方が謝ったってもう仲良くしないよとそっぽを向く。
そこまではいい。
でも、その時点で第3者がまだ、おまえなんか許さないよと攻めるのは
もはや、いじめ以外の何物でもないだろうよ。
自分が気に食わないと思ったら黙って離れればよいだけのこと。
どうも騒いでいる人たちは
こんなに文句を言っている自分たちって格好良いだろという自己陶酔をしているだけという
そんな気がしてなりません。

あと、話は少しズレますけれども、
年齢を重ねれば重ねるほど母体への負担は増加し、障害を持った子供が生まれる確率は高まります。
これは事実。

よく障害児が生まれる可能性が高かったがそれでも産んだという話が美談として扱われていますが、
私はそうは思いません。
厳しい言葉で言ってしまいますけれど、あれは単なる親のエゴだと思う。
もし障害を持った子が生まれても責任を持って愛情を持って育てると言いますが、
親が死んだ後はその子供はどうなるのか。
自分は覚悟を決めて産んだのだから文句はないでしょうが、
生まれた子供は覚悟のないまま親に産まれるのです。

まぁ、要するに何が言いたいかというと、
人の考え方は様々で、
ある人にとっては大問題でも、ある人にとっては大したことじゃなかったり、ということ。
だから、そういう人もいるのねと軽く流しておいて
必要以上に目くじら立ててぶつかり合わなくていいんじゃないかってことです。

関連記事リスト
2008年02月08日 | ニュース | Comments(16)
  この記事に対するコメント
>年齢を重ねれば重ねるほど母体への負担は増加し、
これは事実ですが、

>障害を持った子供が生まれる確率は高まります。
これは事実ではありませんから。


2008/02/09 12:27 | 35歳以上で出産した母親の子供 | URL | 編集

> 35歳以上で出産した母親の子供さん

確率は高まるそうです。以下のページ参照。
http://www.alldigest.net/health/medical/000663.html

危険性が高まるかもしれないというだけでも充分だと思うのです。
絶対に正しいかどうかは分からないと突っぱねるべき問題ではないかなと。
人の一生がかかっているのですから。

2008/02/09 13:54 | でしまる | URL | 編集

なんというか…最近「傷つけたら最後、謝っても許さない」って風潮強いですよね。
「では、どうすればいいのですか?」って言いたくなってしまいます。

相手を傷つけて初めて、「ああ、これはやっちゃいけないことなんだな」って分かるのだと思うのです
傷つけて、傷つけられて、初めて善悪の判断がつくのではないかと思うのです。

「あなたを傷つけることをしてしまって、すみませんでした。これからはもうしません。」
これが許されないとなると、言いたい事も怖くて言えない窮屈な世の中になってしまうと思う。
いや、もうなっているのかもしれませんね…。

2008/02/09 17:08 | 小松原 | URL | 編集

いつも足跡ありがとうございます。

ある人にとっては大問題でも、ある人にとっては大したことじゃなかったり、ということ。
↑↑
って書いてある事、その通りだなぁって思うのです。便乗強すぎかと思います。
だってね?本当にそこまで思ってるのかな?と思う事まで流行りだからみたいな感じでなんだか嫌です。
自分の意見の言葉ではないような・・・そんな気がします。



2008/02/10 21:27 | ヘタレくんこ | URL | 編集

 足跡をたどってきました。 この倖田來未さんの報道に対しての
コメント分かりやすくて、どんなコメンテーターより私はよかったと
思います。(お世辞でなくてです)

>よく障害児が生まれる可能性が高かったがそれでも産んだという話が美談として扱われていますが、私はそうは思いません。

この意見にも私は賛成です。特に最近の偏った時代の背景に、親のエゴってすごくあると
思うのです。生まれた後は嫌でも子供は、その与えられた人生を生きる義務が
あるのですから重要ですよね。なおさら障害のある方は将来の不安を自身が
感じることだと思うからです。

http://syuka711.blog89.fc2.com/


2008/02/10 22:17 | 朱夏 | URL | 編集

はじめまして。
履歴より訪問です。
彼女の問題だけでなく、最近はネット上で祀り上げられてしまうケースが増えてきていますね。
ネットを通じて、色々な人が色々な意見を言えるだけに、有名人は発言に気を付けないといけない傾向ですね。
口は災いのもと、でも、謝ったらその勇気も認めていかないと、だんだん嫌な世の中になっちゃいますねv-409

2008/02/10 23:21 | カズ兄さん | URL | 編集

> 小松原さん

謝っても許さないと言う人に限って謝れと言うんですよね。
何をさせたいのかよく分かりません。

2008/02/11 13:05 | でしまる | URL | 編集

> ヘタレくんこさん

みんながそう言っているからそうに違いない。
私も合わせておこうという意識が絶対にあると思います。
特に、大騒ぎしている人はそうじゃないでしょうか。

自分の思考に自信がないから声高に主張しないと不安なのかな。

2008/02/11 13:08 | でしまる | URL | 編集

> 朱夏さん

> コメント分かりやすくて、どんなコメンテーターより私はよかったと思います。

ありがとうございます。
思うに、難しい言葉で説明するのは簡単なんじゃないかなと。
本当に難しいのは簡単な言葉で説明すること。
なるべく直接的な言葉で分かりやすく文章を書こうとしている私にとって
最高の誉め言葉です。

2008/02/11 13:11 | でしまる | URL | 編集

> カズ兄さん

謝っても済まないぞと騒いでいる人たちは、
誰にも何も謝らないで済むような素晴らしい生き方をしているのでしょうか。
自分が謝った時に許されなかったらと想像できないのは、
きっと、誰かに申し訳ないなと思ったことが一度もないんでしょうね。

他人のことを許せる余裕って人間には大切なことだと思います。
なかなか難しいですけれどもね。

2008/02/11 13:17 | でしまる | URL | 編集

倖田來未、かわいそうですょね(b_;‘)
謝ったんだから許してあげればいいですょねi-181

2008/02/11 17:26 | まゅ | URL | 編集

いつも足跡ありがとうございます。励みになってます。

私は最近の女性歌手の中で倖田さん結構好きです。
芸能人なのに気取ったところのない、明るいトークに元気をもらいます。
確かに今回の発言は言いすぎでしょうが、マスコミもしつこく取り上げすぎですよね。
今回の件で倖田さんらしいトークがなくなってしまうんじゃないかと心配です。

>よく障害児が生まれる可能性が高かったがそれでも産んだという話が美談として扱われていますが、私はそうは思いません。

実は私はこれに感動していた部類の人間です。
たとえ危険性があっても子供がほしい、という母の愛情に胸が打たれました。
しかし、こういう見方もあるんですね。
自分の中になかった考え方に出会えて、とてもうれしいです。

でしまるさんの文章、とても読みやすいです。
私もこのぐらい綺麗な文章が書けるようになりたいです・・・。
また来ますね。
長くなってしまってすみません;


2008/02/11 17:53 | 軌梨 | URL | 編集

くちの利き方をもっと考えましょう、と思いました。
「若いうちに早く子供産んどきなさいよって話でねぇ~」
これくらいの言葉で済んだはずなんですよ本当はね。
本人は聞きかじりの情報を軽率にたとえに出して軽く言ったから問題になった。
ましてや生放送じゃなかったんだからあとからいくらでも手は加えられたはずです
 (本当のことが隠される・・という問題はあれど)

さっきネットをちょっと読んだら、
今度は、独占取材をしたテレビ局に対して他のテレビ局が怒ってて、
「なーんだよ今まで面倒みてきてやったのによ~
 むかつく~○田~!」 てな空気になってきてるらしい・・です。
みんな どれだけアホなんだと思いました。どんどん 本流から離れていってますよねぇ・・もういまや、本人の人間性とか発言うんぬんより、「世論の反応」に関心事がいってるような・・
ちなみに私の初産は30代半ばですが、産んだ子供はリスクもなくめっちゃ元気です。
年齢うんぬんよりひとつの身体に生命を宿すことじたい大きな負担だと思うのです。
ラクな人もいればタイヘンな思いをする人もいる。百通りあります。原因も多種多様です。・・となると、統計は統計だし、論より証拠ともいえるわけです。
だからどっちにもつかずな意見です。(ごめんなさい)

今回の発言で、「ひとりひとりが」「心ん中で」感想を持ち、
「そういうことを言うなんて信じられない!イヤ!」と思えばテレビやCDに触れなければいい、
「それでも応援します」と思えば応援すればいい、
「わかんねぇ」と思えばあっさりスルーすればいい・・
そしたらいちいち騒がなくても、視聴率や売り上げで「結果」が出るわけです。
騒げば反応することがおもしろい「煽り」に 大のオトナたちが振り回された・・
そんなことを思いました。
 (長くなってすみません)

2008/02/12 14:46 | ぷぅちゃん☆ | URL | 編集

> まゅさん

謝れ謝れという言葉は大きく、
許してやれという言葉は掻き消されているような印象です。
謝るということと同じように許すことも大切。

2008/02/13 21:23 | でしまる | URL | 編集

> 軌梨さん

確かに愛情のあらわれではあるでしょうが、
産まないという苦悩の決断も愛情なんじゃないかなぁと思ってしまうのです。
難しい問題ですけれどね。

2008/02/13 21:26 | でしまる | URL | 編集

> ぷぅちゃん☆さん

結局テレビは話題が欲しいだけですからね。
倖田嬢の発言が非難されるべきだとかそういうことには興味がないでしょう。
話題を取り上げて便乗して視聴率さえとれれば、それでOK。
そんなテレビの報道を見て
煽られるままに自分の考えもなく大騒ぎしている人が多いのでしょうね。

2008/02/13 21:31 | でしまる | URL | 編集

  この記事に対するコメントの投稿













雑記 (195)
アニメ (17)
映画 (72)
音楽 (148)
ギター (5)
グルメ (67)
酒 (53)
コンピュータ (141)
テレビ (129)
ニュース (75)
本 (127)
漫画 (352)
旅行 (24)
ゲーム - 一般 (94)
ゲーム - パズドラ (877)
終了ゲーム - AQUANAUT'S HOLIDAY (3)
終了ゲーム - DQ1スマホ版 (3)
終了ゲーム - FF10 HD (16)
終了ゲーム - FF13-2 (15)
終了ゲーム - FF13 LR (14)
終了ゲーム - FFRK (30)
終了ゲーム - GRAVITY DAZE (15)
終了ゲーム - MHP2G (20)
終了ゲーム - MHP3 (138)
終了ゲーム - MH3G (10)
終了ゲーム - MH4 (8)
終了ゲーム - PS3版Skyrim (42)
終了ゲーム - アマガミ (8)
終了ゲーム - ジョジョの奇妙な冒険ASB (5)
終了ゲーム - セブンズストーリー (50)
終了ゲーム - ソウル・サクリファイス (14)
終了ゲーム - ソルサク デルタ (4)
終了ゲーム - ダークソウル (78)
終了ゲーム - ダークソウル2 (10)
終了ゲーム - デモンズソウル (48)
終了ゲーム - テラバトル (8)
終了ゲーム - 討鬼伝 (44)
終了ゲーム - 特殊報道部 (2)
終了ゲーム - ドラゴンズドグマ (42)
終了ゲーム - パズドラクロス 龍の章 (8)
終了ゲーム - フォトカノ (10)
終了ゲーム - ペルソナ4 ザ・ゴールデン (26)
終了ゲーム - ポケ森 (2)
終了ゲーム - モンスト (54)
終了ゲーム - よるのないくに (9)
未分類 (0)
2018年08月 (12)
2018年07月 (29)
2018年06月 (26)
2018年05月 (26)
2018年04月 (26)
2018年03月 (30)
2018年02月 (26)
2018年01月 (29)
2017年12月 (26)
2017年11月 (25)
2017年10月 (26)
2017年09月 (26)
2017年08月 (27)
2017年07月 (30)
2017年06月 (25)
2017年05月 (26)
2017年04月 (26)
2017年03月 (29)
2017年02月 (24)
2017年01月 (31)
2016年12月 (28)
2016年11月 (29)
2016年10月 (30)
2016年09月 (30)
2016年08月 (29)
2016年07月 (27)
2016年06月 (29)
2016年05月 (31)
2016年04月 (28)
2016年03月 (27)
2016年02月 (25)
2016年01月 (30)
2015年12月 (29)
2015年11月 (27)
2015年10月 (31)
2015年09月 (29)
2015年08月 (28)
2015年07月 (27)
2015年06月 (26)
2015年05月 (29)
2015年04月 (29)
2015年03月 (30)
2015年02月 (25)
2015年01月 (29)
2014年12月 (30)
2014年11月 (28)
2014年10月 (30)
2014年09月 (30)
2014年08月 (30)
2014年07月 (31)
2014年06月 (27)
2014年05月 (28)
2014年04月 (28)
2014年03月 (31)
2014年02月 (25)
2014年01月 (30)
2013年12月 (29)
2013年11月 (28)
2013年10月 (30)
2013年09月 (30)
2013年08月 (27)
2013年07月 (28)
2013年06月 (29)
2013年05月 (30)
2013年04月 (26)
2013年03月 (26)
2013年02月 (19)
2013年01月 (20)
2012年12月 (31)
2012年11月 (20)
2012年10月 (21)
2012年09月 (18)
2012年08月 (16)
2012年07月 (17)
2012年06月 (19)
2012年05月 (22)
2012年04月 (19)
2012年03月 (21)
2012年02月 (22)
2012年01月 (26)
2011年12月 (25)
2011年11月 (25)
2011年10月 (26)
2011年09月 (17)
2011年08月 (15)
2011年07月 (14)
2011年06月 (13)
2011年05月 (20)
2011年04月 (17)
2011年03月 (13)
2011年02月 (23)
2011年01月 (27)
2010年12月 (20)
2010年11月 (13)
2010年10月 (14)
2010年09月 (7)
2010年08月 (9)
2010年07月 (11)
2010年06月 (7)
2010年05月 (9)
2010年04月 (11)
2010年03月 (11)
2010年02月 (12)
2010年01月 (11)
2009年12月 (10)
2009年11月 (10)
2009年10月 (14)
2009年09月 (14)
2009年08月 (10)
2009年07月 (12)
2009年06月 (11)
2009年05月 (8)
2009年04月 (3)
2009年03月 (4)
2009年02月 (5)
2009年01月 (4)
2008年12月 (10)
2008年11月 (3)
2008年10月 (4)
2008年09月 (11)
2008年08月 (6)
2008年07月 (3)
2008年06月 (9)
2008年05月 (25)
2008年04月 (24)
2008年03月 (18)
2008年02月 (16)
2008年01月 (6)
2007年12月 (2)
2007年11月 (1)
2007年10月 (1)
2007年09月 (1)
2007年08月 (1)
2007年07月 (1)
2007年06月 (1)
2007年05月 (31)
2007年04月 (30)
2007年03月 (31)
2007年02月 (28)
2007年01月 (31)
2006年12月 (31)
2006年11月 (30)
2006年10月 (31)
2006年09月 (30)
2006年08月 (31)
2006年07月 (31)
2006年06月 (30)
でしまる:VIVA LA ROCK 2018 (05/11)
ヴィル:VIVA LA ROCK 2018 (05/10)
でしまる:VIVA LA ROCK 2017 (05/08)
ヴィル:VIVA LA ROCK 2017 (05/07)
でしまる:ひとりぼっちの○○生活 第3巻 (02/04)
名無し:ひとりぼっちの○○生活 第3巻 (02/04)
でしまる:刃牙道 第11巻〜第14巻 (01/04)