漫画原稿紛失で、作者が小学館に330万円請求
週刊少年サンデーで連載していた 『金色のガッシュ !!』 の作者が小学館を提訴したとのこと。
貸与していた原稿のうちカラー5枚を紛失したから、らしい。
が、請求した賠償額は何と330万円という高額。

小学館側はカラー原稿料1万7000円の3倍を賠償額として提示したようですが、
それに納得できなかったのですね。
第三者から見ると小学館の提示賠償額自体はそれなりという気はするのですけれど、
作者はそう思わなかった模様。
おそらく小学館に対して色々思うところがあるのでしょう。

330万円という高額主張は
過去にチャリティーオークションに原稿を出品した際
1枚25万円の値がついて落札されたからという根拠によるものらしい。
美術的価値が高いから、それなりの賠償をしてくれということ。

でも、オークションで高値がつくイコール美術的価値があるというのは暴論という気がする。
しかもこの記事では、さりげなく1枚30万の価値があると上乗せしている。
1枚5万の差って大きいよ。
しかも、1枚30万としても5枚の原稿で150万ですからね。
差額の180万は精神的被害というやつか。
裁判で認められるかしら、これ。
慰謝部分はともかく
絵自体の価格がそのまま維持されて確定判決になるのかな。
かなり難しいよ。

まぁ、自分の作品を自分で美術品だと言うのは普通の人にはなかなかできないこと。
それはすごいと思います。
色々な意味で。

そして、個人的にこの件で一番驚いたのは、
『金色のガッシュ !!』 がそんなに価値の高い作品だったということ。
絵一枚に20万超えの高値がつくのか。
ちらっと漫画を読んだりアニメを見たりしたことありましたけど、
そんなに面白かったかな……。
自分の知らないところで人気だったのですね。

まぁ、どんな人気漫画であったとしても
私はイラスト1枚に20万もぽんと払う人の気持ちはよく分かりません。

関連記事リスト
2008年06月06日 | ニュース | Comments(6)
  この記事に対するコメント
330万はそんなに高額ではないのでは?
第一管理がなっていない小学館の方に責任があり、作品の紛失によって再販等できなくなったりします。
それにそんな作品に美術的価値が無いだろうと思うのが暴論ではないでしょうか?
例えば、そこらの小説家の原稿1ページ紛失されたら、作り手として怒るのは当然ではないでは?
確かにどうでも良い人ならば、美術的価値は他人から見ればほぼ無いだろうケド、それなりの金額請求は妥当だと思います。
今回の金額面から見て小学館の作品管理を訴えているのでは?と思いました。
最近では原稿紛失はちょこちょこ問題となっており、編集者の質低下が噂されています。作者を叩くのは見当違いでは無いのかと…。
自分も物を作る側の卵なのでついコメントしてしまいました。色々文学作品的な話題を挙げているブログだってのでちょっとがっかりでした。長文を失礼しました。

2008/06/06 22:46 | そとの道 | URL | 編集

オークションで高く落札されたら、芸術というのは俺もよくわかんなかった。
高値落札のサインは所詮サインでしかないし。ファンにとっては高いだろうけど。
芸術品とマニアの間で高値で取引されるものは紙一重だと思う。

2008/06/07 00:14 | mAc | URL | 編集

> そとの道さん

なるほど。
作者側の立場に立つとそうなのですね。
ただ、作者もこの作品もあまり知らない第三者的立場からすると、
このニュースを見た最初の感想が「なんだこの高額!」と思ったのです。
小学館サイドの最近の問題自体を知った上でのこの感想です。

編集者側の紛失というのは言語道断の問題ではありますし、
それに対して作者が怒るというのは当然でしょう。
本人にとっては金額のつけられない価値のあるものというのも理解できます。
だから、金額に換算して「私はこれぐらい怒っている」ということを示すために
これだけの金額を提示したというのはアリだと思います。
損賠請求とはそういうものです。
これについては何ら否定はしません。

> 小学館の作品管理を訴えているのでは?

先陣を切って、ということですね。
おそらく、そういう面も大きいのでしょう。

それはともかく、
私が一番ハテナと思ったのは
作者が自作を「美術的価値」云々と表現したこと。
これがなければこのブログで取り上げなかったかもしれません。
美術的云々というフレーズで全体を一歩引いて見てしまったのです。
普通に「金銭的価値がある」でいいじゃないかと。
この作者は、自作を芸術と捉えている部分があるんだ、と。

はっきり言ってしまいますが、
私は歌手をアーティストと呼ぶことに抵抗を覚える人間です。
歌謡曲は歌謡曲でありアートではないと思っています。
小説しかり、漫画しかり。
漫画は読む人を楽しませたり感動させたりするもの。
それだけのもの。
それだけで充分のものだと思います。
だから、それに美術性がどうのこうのと言われてしまうと
途端に冷めてしまうのです。

ということで、私の言いたかったのは
高額だということより「高額だから美術性がある」という流れが疑問ということなので、
文意が分かりにくくお気に障ったら申し訳ありませんでした。

2008/06/07 01:01 | でしまる | URL | 編集

> mAcさん

人それぞれ受け取り方は違いますが、要はそういうことです。
オークションで高額落札された理由というのも
私にとっては「美術品的価値があるから」ではなく
単に「マニアの間で高値で取引されるもの」という認識なのですよね。
このニュースの場合。
ですから、理論展開に首を傾げてしまうよねという趣旨の本日の記事でした。

2008/06/07 01:06 | でしまる | URL | 編集

こちらこそ長文をダラダラ書いてしまい大人気ないなと反省しております
たしかに美術的価値というのは高いものとかそういう風に聞こえがちではありますね。
日本語というのはニュアンスの違いで色々捕らえ方が変わるものです。
あの場では金銭的価値と言ってしまうと編集者的に金さえ払えばいいのか!となってしまう感じがしてしまう気がしてならないのです。
どちらも有名でありお金はそれなりにあるので金銭的な問題でなく…物に対するっていう意味での美術的価値のことなんだと思いますよ。高額でなくても作品は作品なのでね。イラストは美術のカテゴライズされるという感じで。そこまで強い意味では無いと思います。愛や思い入れの強さのような意味合いかな?

自分も歌手をアーティストって呼ぶのに疑問な人間です!

2008/06/07 03:58 | そとの道 | URL | 編集

> そとの道さん

この作品はかなり売り上げているものなので、
正直作者にしてみれば300万ぐらい大した金額ではないはず。
なので、こうして高額で訴えて
小学館側の管理意識の杜撰さを世間に知らせたいという意味合いが強いのでしょう。

ただ、私は学生時代に法律関係だったもので
こういう「芸術的」云々という曖昧な表現をした場合
公判で被告側の格好の攻めどころになっちゃうよなぁと心配してしまいます。
結局は主観の問題ですから
攻めようによっては原告側有利になってしまう可能性も少なくない。

裁判自体は原告である作者側の勝利になるでしょうが、
あとは金額がどれくらいになるかが注目ですね。
裁判官がどういう判断を下すか。

2008/06/07 11:03 | でしまる | URL | 編集

  この記事に対するコメントの投稿













雑記 (195)
アニメ (17)
映画 (72)
音楽 (148)
ギター (5)
グルメ (67)
酒 (53)
コンピュータ (141)
テレビ (129)
ニュース (75)
本 (127)
漫画 (352)
旅行 (24)
ゲーム - 一般 (94)
ゲーム - パズドラ (877)
終了ゲーム - AQUANAUT'S HOLIDAY (3)
終了ゲーム - DQ1スマホ版 (3)
終了ゲーム - FF10 HD (16)
終了ゲーム - FF13-2 (15)
終了ゲーム - FF13 LR (14)
終了ゲーム - FFRK (30)
終了ゲーム - GRAVITY DAZE (15)
終了ゲーム - MHP2G (20)
終了ゲーム - MHP3 (138)
終了ゲーム - MH3G (10)
終了ゲーム - MH4 (8)
終了ゲーム - PS3版Skyrim (42)
終了ゲーム - アマガミ (8)
終了ゲーム - ジョジョの奇妙な冒険ASB (5)
終了ゲーム - セブンズストーリー (50)
終了ゲーム - ソウル・サクリファイス (14)
終了ゲーム - ソルサク デルタ (4)
終了ゲーム - ダークソウル (78)
終了ゲーム - ダークソウル2 (10)
終了ゲーム - デモンズソウル (48)
終了ゲーム - テラバトル (8)
終了ゲーム - 討鬼伝 (44)
終了ゲーム - 特殊報道部 (2)
終了ゲーム - ドラゴンズドグマ (42)
終了ゲーム - パズドラクロス 龍の章 (8)
終了ゲーム - フォトカノ (10)
終了ゲーム - ペルソナ4 ザ・ゴールデン (26)
終了ゲーム - ポケ森 (2)
終了ゲーム - モンスト (54)
終了ゲーム - よるのないくに (9)
未分類 (0)
2018年08月 (12)
2018年07月 (29)
2018年06月 (26)
2018年05月 (26)
2018年04月 (26)
2018年03月 (30)
2018年02月 (26)
2018年01月 (29)
2017年12月 (26)
2017年11月 (25)
2017年10月 (26)
2017年09月 (26)
2017年08月 (27)
2017年07月 (30)
2017年06月 (25)
2017年05月 (26)
2017年04月 (26)
2017年03月 (29)
2017年02月 (24)
2017年01月 (31)
2016年12月 (28)
2016年11月 (29)
2016年10月 (30)
2016年09月 (30)
2016年08月 (29)
2016年07月 (27)
2016年06月 (29)
2016年05月 (31)
2016年04月 (28)
2016年03月 (27)
2016年02月 (25)
2016年01月 (30)
2015年12月 (29)
2015年11月 (27)
2015年10月 (31)
2015年09月 (29)
2015年08月 (28)
2015年07月 (27)
2015年06月 (26)
2015年05月 (29)
2015年04月 (29)
2015年03月 (30)
2015年02月 (25)
2015年01月 (29)
2014年12月 (30)
2014年11月 (28)
2014年10月 (30)
2014年09月 (30)
2014年08月 (30)
2014年07月 (31)
2014年06月 (27)
2014年05月 (28)
2014年04月 (28)
2014年03月 (31)
2014年02月 (25)
2014年01月 (30)
2013年12月 (29)
2013年11月 (28)
2013年10月 (30)
2013年09月 (30)
2013年08月 (27)
2013年07月 (28)
2013年06月 (29)
2013年05月 (30)
2013年04月 (26)
2013年03月 (26)
2013年02月 (19)
2013年01月 (20)
2012年12月 (31)
2012年11月 (20)
2012年10月 (21)
2012年09月 (18)
2012年08月 (16)
2012年07月 (17)
2012年06月 (19)
2012年05月 (22)
2012年04月 (19)
2012年03月 (21)
2012年02月 (22)
2012年01月 (26)
2011年12月 (25)
2011年11月 (25)
2011年10月 (26)
2011年09月 (17)
2011年08月 (15)
2011年07月 (14)
2011年06月 (13)
2011年05月 (20)
2011年04月 (17)
2011年03月 (13)
2011年02月 (23)
2011年01月 (27)
2010年12月 (20)
2010年11月 (13)
2010年10月 (14)
2010年09月 (7)
2010年08月 (9)
2010年07月 (11)
2010年06月 (7)
2010年05月 (9)
2010年04月 (11)
2010年03月 (11)
2010年02月 (12)
2010年01月 (11)
2009年12月 (10)
2009年11月 (10)
2009年10月 (14)
2009年09月 (14)
2009年08月 (10)
2009年07月 (12)
2009年06月 (11)
2009年05月 (8)
2009年04月 (3)
2009年03月 (4)
2009年02月 (5)
2009年01月 (4)
2008年12月 (10)
2008年11月 (3)
2008年10月 (4)
2008年09月 (11)
2008年08月 (6)
2008年07月 (3)
2008年06月 (9)
2008年05月 (25)
2008年04月 (24)
2008年03月 (18)
2008年02月 (16)
2008年01月 (6)
2007年12月 (2)
2007年11月 (1)
2007年10月 (1)
2007年09月 (1)
2007年08月 (1)
2007年07月 (1)
2007年06月 (1)
2007年05月 (31)
2007年04月 (30)
2007年03月 (31)
2007年02月 (28)
2007年01月 (31)
2006年12月 (31)
2006年11月 (30)
2006年10月 (31)
2006年09月 (30)
2006年08月 (31)
2006年07月 (31)
2006年06月 (30)
でしまる:VIVA LA ROCK 2018 (05/11)
ヴィル:VIVA LA ROCK 2018 (05/10)
でしまる:VIVA LA ROCK 2017 (05/08)
ヴィル:VIVA LA ROCK 2017 (05/07)
でしまる:ひとりぼっちの○○生活 第3巻 (02/04)
名無し:ひとりぼっちの○○生活 第3巻 (02/04)
でしまる:刃牙道 第11巻〜第14巻 (01/04)