PS3版Skyrim プレイ日記37 雪山の大冒険
失明した聖蚕の僧侶の代わりに星霜の書を読む方法を見つけて解析すると、
アーリエルの弓というのが対吸血鬼には効果的らしい。
このままの装備で対決したいところですが、
ゲーム的にそうは問屋が卸さない。
取りに行くんだね、私が。

アーリエルの弓があると思しき場所で司祭ギレボルに会いました。
確かに弓はこの先にあるとのこと。



意気揚々と進み始めたのは良かったものの、
ここがまたべらぼうに長い。
ネットでマップを見ながら進んだのに3時間ぐらいかかったはず。
しんどい。



途中絶景のクレバスに見とれたりしながら。



最奥にある城に到達。
ここまできたらあともう少しです。



アーリエルの弓を悪用しようとしている奴がいたのでこれを成敗して。





無事に弓を回収。
司祭ギレボルも心配して追いかけてきてくれました。





長かった。
武器としての性能は正直微妙。
今装備している弓の方が圧倒的に強い。
かけた苦労に全く見合わない。
こんなの要らなかったんだけど手に入れないと話進まないしな。
2013年10月29日 | 終了ゲーム - PS3版Skyrim | Comments(0)
  PS3版Skyrim プレイ日記36 我慢できなかった
吸血鬼の城を追い出されてドーンガードの本拠に戻ってくると、
何故かセラーナが来ていました。
セラーナが言うには
父の吸血鬼王が人間を滅ぼそうとしているのでそれを止めたいとのこと。
その意気や良し。私も協力を厭わない。

セラーナが背負っている星霜の書に手がかりがありそうなので
まずは星霜の書を読める聖蚕の僧侶なる人物を探しに行きます。
いま、会いにゆきます。



探し始めると、聖蚕の僧侶は一足先に吸血鬼たちに拉致られてしまったようなので、
私とセラーナも急いで追いかけます。
いました。



壁に半分めり込んでいました。
壁にめり込んだ聖蚕の僧侶と真面目な話をします。
その間、セラーナ私をガン見。
こっち見んな。



続いてもう一つの星霜の書を探しに吸血鬼の城に忍び込みます。
場所は、セラーナの母親の部屋らしい。
部屋に来て色々調べていると転移門を発見。
ソウル・ケルンという別世界への道だとか。



人間が入るためには魂を差し出さなければならないので、
魂縛の術で魂を取られないようにして突入。



ソウル・ケルンにやってきました。
懐かしき場所よ……(来たことないけど)。



ソウル・ケルンではセラーナの母親ヴァレリカに会いました。



ドラゴンとも戦いました。



ドラゴンを手懐けました。
私に負けたくせに随分と上から目線のドラゴン。



ソウル・ケルンから戻って地上で呼び出すことができます。



手がかりを持って意気揚々とドーンガードに戻ってみると。



聖蚕の僧侶の目が潰れていました。
星霜の書を準備せず読んでしまったためだそうです。
早く読みたくてもう我慢できなかったんだそうです。
子供か。
2013年10月26日 | 終了ゲーム - PS3版Skyrim | Comments(0)
  PS3版Skyrim プレイ日記35 吸血鬼のお姫様
あ、ども。本編トロコンした私です。
今日からDLC第1弾であるドーンガードのストーリーを遊んでいきます。



吸血鬼退治を任とする戦士たちの集まりドーンガードに合流すべく、
まずはドーンガードの本拠地へ向かいました。





団長チェックを経て正式なメンバーになると、早速任務。
吸血鬼たちが集まっている遺跡を調査してこいとのこと。
パシり感は否めず。

件の遺跡をずんどこ進んでみると、
最深部で一人の吸血鬼の女性と出会いました。
セラーナちゃんです。



喋り方が丁寧で声が綺麗。
そして顔も整っています。
若干アメリカンな厳つさがありますが、全体的にハイレベル。



さて、吸血鬼のお嬢さんが家に帰りたいというので、
甲斐甲斐しく送って差し上げることに。
途中でお腹が空いたら私の血をちゅーちゅー吸っても良いよ。



小舟を使って吸血鬼の島に渡り、無事里帰り。
出迎えてくれたお父さんは吸血鬼の王でした。
要するに、セラーナはお姫様ということです。
高貴な立ち居振る舞いも納得。



親子の久しぶりの対面ということで和やかな雰囲気かと思いきや。
かなりギスギスとして一触即発の空気。
私、帰って良いですか?

すると、お父さんに呼び止められて娘を連れてきてくれた礼をしたいと言われました。
私を吸血鬼にして仲間にしてくれるそうです。
ノーサンキューです。



私が断ると、お父さん激怒。
だって、吸血鬼ってバケモノじゃん(暴言)。



こうして私は吸血鬼の城を追い出されました。
2013年10月19日 | 終了ゲーム - PS3版Skyrim | Comments(0)
  PS3版Skyrim プレイ日記34 本編トロコン
スカイリムのメインシナリオであるドラゴンボーン関連の話ですが、
なんやかんやあってラストバトルです。
なんやかんやは全部省略します。

悪ドラゴンのアルドゥインと戦うため、
他のドラゴンに居場所まで連れていっていただくことになりました。



丁重にお招きして首輪で拘束しつつお願いしている図。
誠意とは何だろう。



事情を説得すると、
アルドゥイン最近マジヤバイから痛い目あわせてくれるんなら手伝ってやんよと快諾。
アルドゥイン嫌われ者。

というわけで、ドラゴンの背に乗ってアルドゥインのところへ向かいます。



敵の苛烈な攻撃をかわしながら辿り着いたのはゾブンガルデ。
これまで人々との会話の中に何度も出てきた
死した英雄たちが集うという伝説の場所です。



ゾブンガルデすらも脅かしているというアルドゥイン討伐の話をすると、
英雄三人がともに戦ってくれることに。
これは心強い。



そして、決戦。



そして、撃破。



これでメインシナリオが完了です。





あわせてスゥームのトロフィーもゲットして。



そのまま自動的に本編のトロコン。
トコロン画面は鹿。
鹿「トロコンおめでとう!」



これで主要なストーリーは全て終了しました。
ちょっと寂しいね。







トコロンは今年の3月に達成していました。
我ながらブログに書くのが遅い。
ちなみにトロコンまでにかかった時間は大体130時間ぐらい。
かなりボリュームがありました。

これからはDLCをやっていきます。
2013年10月13日 | 終了ゲーム - PS3版Skyrim | Comments(0)
  PS3版Skyrim プレイ日記33 ツンデレノクターナル
すさまじいほど長いこと借りたままだった不壊のピックをそろそろ返しに行きます。
持ち主のノクターナルさん怒ってないかな。





ノクターナルの墓所の最深部を目指します。





ノクターナル登場。
どきどき。



ずっと返さずにいて叱られるかと思っていたら。



時間の感覚が良く分かんないんだよねーと言っていて事なきを得ました。
ノクターナルさんが残念な子で良かった。
すぐに返しにきましたよ私は貴方様の忠実な犬で御座いますとご機嫌を取りながら返却。
でも、ノクターナルさんは私のおべっかに喜ぶでもなく、
用が済むとさっさと消えてしまいました。
ヨイショし甲斐のない奴め。



淡泊なノクターナルさんでしたが、
着いてきていたカーリアによると
あれはノクターナルさんなりの照れ隠しらしい。
ツンデレ神様。

というわけで、長きにわたった盗賊ギルドクエストもようやく終了。
2013年10月06日 | 終了ゲーム - PS3版Skyrim | Comments(0)

雑記 (195)
アニメ (17)
映画 (72)
音楽 (148)
ギター (5)
グルメ (67)
酒 (53)
コンピュータ (141)
テレビ (129)
ニュース (75)
本 (127)
漫画 (352)
旅行 (24)
ゲーム - 一般 (94)
ゲーム - パズドラ (877)
終了ゲーム - AQUANAUT'S HOLIDAY (3)
終了ゲーム - DQ1スマホ版 (3)
終了ゲーム - FF10 HD (16)
終了ゲーム - FF13-2 (15)
終了ゲーム - FF13 LR (14)
終了ゲーム - FFRK (30)
終了ゲーム - GRAVITY DAZE (15)
終了ゲーム - MHP2G (20)
終了ゲーム - MHP3 (138)
終了ゲーム - MH3G (10)
終了ゲーム - MH4 (8)
終了ゲーム - PS3版Skyrim (42)
終了ゲーム - アマガミ (8)
終了ゲーム - ジョジョの奇妙な冒険ASB (5)
終了ゲーム - セブンズストーリー (50)
終了ゲーム - ソウル・サクリファイス (14)
終了ゲーム - ソルサク デルタ (4)
終了ゲーム - ダークソウル (78)
終了ゲーム - ダークソウル2 (10)
終了ゲーム - デモンズソウル (48)
終了ゲーム - テラバトル (8)
終了ゲーム - 討鬼伝 (44)
終了ゲーム - 特殊報道部 (2)
終了ゲーム - ドラゴンズドグマ (42)
終了ゲーム - パズドラクロス 龍の章 (8)
終了ゲーム - フォトカノ (10)
終了ゲーム - ペルソナ4 ザ・ゴールデン (26)
終了ゲーム - ポケ森 (2)
終了ゲーム - モンスト (54)
終了ゲーム - よるのないくに (9)
未分類 (0)
2018年08月 (12)
2018年07月 (29)
2018年06月 (26)
2018年05月 (26)
2018年04月 (26)
2018年03月 (30)
2018年02月 (26)
2018年01月 (29)
2017年12月 (26)
2017年11月 (25)
2017年10月 (26)
2017年09月 (26)
2017年08月 (27)
2017年07月 (30)
2017年06月 (25)
2017年05月 (26)
2017年04月 (26)
2017年03月 (29)
2017年02月 (24)
2017年01月 (31)
2016年12月 (28)
2016年11月 (29)
2016年10月 (30)
2016年09月 (30)
2016年08月 (29)
2016年07月 (27)
2016年06月 (29)
2016年05月 (31)
2016年04月 (28)
2016年03月 (27)
2016年02月 (25)
2016年01月 (30)
2015年12月 (29)
2015年11月 (27)
2015年10月 (31)
2015年09月 (29)
2015年08月 (28)
2015年07月 (27)
2015年06月 (26)
2015年05月 (29)
2015年04月 (29)
2015年03月 (30)
2015年02月 (25)
2015年01月 (29)
2014年12月 (30)
2014年11月 (28)
2014年10月 (30)
2014年09月 (30)
2014年08月 (30)
2014年07月 (31)
2014年06月 (27)
2014年05月 (28)
2014年04月 (28)
2014年03月 (31)
2014年02月 (25)
2014年01月 (30)
2013年12月 (29)
2013年11月 (28)
2013年10月 (30)
2013年09月 (30)
2013年08月 (27)
2013年07月 (28)
2013年06月 (29)
2013年05月 (30)
2013年04月 (26)
2013年03月 (26)
2013年02月 (19)
2013年01月 (20)
2012年12月 (31)
2012年11月 (20)
2012年10月 (21)
2012年09月 (18)
2012年08月 (16)
2012年07月 (17)
2012年06月 (19)
2012年05月 (22)
2012年04月 (19)
2012年03月 (21)
2012年02月 (22)
2012年01月 (26)
2011年12月 (25)
2011年11月 (25)
2011年10月 (26)
2011年09月 (17)
2011年08月 (15)
2011年07月 (14)
2011年06月 (13)
2011年05月 (20)
2011年04月 (17)
2011年03月 (13)
2011年02月 (23)
2011年01月 (27)
2010年12月 (20)
2010年11月 (13)
2010年10月 (14)
2010年09月 (7)
2010年08月 (9)
2010年07月 (11)
2010年06月 (7)
2010年05月 (9)
2010年04月 (11)
2010年03月 (11)
2010年02月 (12)
2010年01月 (11)
2009年12月 (10)
2009年11月 (10)
2009年10月 (14)
2009年09月 (14)
2009年08月 (10)
2009年07月 (12)
2009年06月 (11)
2009年05月 (8)
2009年04月 (3)
2009年03月 (4)
2009年02月 (5)
2009年01月 (4)
2008年12月 (10)
2008年11月 (3)
2008年10月 (4)
2008年09月 (11)
2008年08月 (6)
2008年07月 (3)
2008年06月 (9)
2008年05月 (25)
2008年04月 (24)
2008年03月 (18)
2008年02月 (16)
2008年01月 (6)
2007年12月 (2)
2007年11月 (1)
2007年10月 (1)
2007年09月 (1)
2007年08月 (1)
2007年07月 (1)
2007年06月 (1)
2007年05月 (31)
2007年04月 (30)
2007年03月 (31)
2007年02月 (28)
2007年01月 (31)
2006年12月 (31)
2006年11月 (30)
2006年10月 (31)
2006年09月 (30)
2006年08月 (31)
2006年07月 (31)
2006年06月 (30)
でしまる:VIVA LA ROCK 2018 (05/11)
ヴィル:VIVA LA ROCK 2018 (05/10)
でしまる:VIVA LA ROCK 2017 (05/08)
ヴィル:VIVA LA ROCK 2017 (05/07)
でしまる:ひとりぼっちの○○生活 第3巻 (02/04)
名無し:ひとりぼっちの○○生活 第3巻 (02/04)
でしまる:刃牙道 第11巻〜第14巻 (01/04)